鳥取県体育協会は平成27年7月1日に事務所を移転しました。詳細はこちら
公認スポーツ指導者資格

指導者資格の種類と役割

公益財団法人 日本体育協会では、国民スポーツの振興と競技力向上を図るため、加盟団体と一体となってスポーツ指導者制度を制定しています。その種類と役割は次のとおりです。

スポーツリーダー

地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたる者。

競技別指導者

文書作成中

スポーツドクター

スポーツマンの健康管理、スポーツ障害、スポーツ外傷の診断、治療、予防研究等にあたる者。

アスレティックトレーナー

スポーツドクター及びコーチと密接な協力のもとに、スポーツ選手の健康管理、障害予防、スポーツ外傷・障害の応急処置、アスレティックリハビリテーション及び体力トレーニング、コンディショニング等にあたる者。

スポーツプログラマー

地域スポーツクラブ等において、フィットネスの維持や向上のための指導・助言を行う者。

ジュニアスポーツ指導員

地域スポーツクラブ等において、幼・少年期の子どもたちに遊びを通した身体づくり、動きづくりの指導を行う者。

スポーツ指導者の基本コンセプト

公認スポーツ指導者とは

スポーツ医・科学の知識を活かし、「スポーツを安全に、正しく、楽しく」指導し、「スポーツの本質的な楽しさ、素晴らしさ」を伝えることができる者である。

望ましい公認スポーツ指導者とは

日常の「生活/暮らし」にスポーツを取り入れることによって「豊かな人生」を得られることを広く一般に定着させるとともに、「仲間と楽しく行いたい」、「うまくなりたい、強くなりたい」さらに「健康になりたい、長生きしたい」という欲求に応えられるよう、その実現に向けて「サポート」するという役割を持つ。

また、常に自己研鑽を図り、自ら成長・発展するとともに、社会的評価を得られるよう努力することが重要である。

スポーツ指導者の養成

都道府県体育協会は、上記の資格のうち、「指導者」「上級指導員」の養成を行います。

それぞれ共通科目と専門科目があり、その両方を受講することとなります。

スポーツ指導者の登録

公認スポーツ指導者として認定されるには、資格取得のための講習会を受講し修了した後に、所定の資格登録手続きが完了しないと認定されません。

また、既に資格を登録し認定されている方についても、登録の有効期限が4年間となっていますので、4年毎に資格更新手続きが必要となります。更新手続きをしないと公認スポーツ資格者の資格を失うことになります。

義務研修会の開催

公認スポーツ指導者資格の認定期間は、資格登録後4年間です。資格を更新するためには、資格登録後、資格有効期限までの4年間で定められた研修会を最低1回受けることが義務づけられています。

なお、研修実績のない指導者へは更新登録案内が送付されませんのでご注意下さい。

本会でも年間2~3回、義務研修会を開催しています。