鳥取県体育協会は平成27年7月1日に事務所を移転しました。詳細はこちら
スポーツ少年団

令和元年度鳥取県スポーツ少年団顕彰表彰状授与について

 令和2年2月28日(金)に開催された「令和元年度第2回鳥取県スポーツ少年団常任委員会」において、「令和元年度鳥取県スポーツ少年団顕彰」受賞団を選考した結果、三朝町スポーツ少年団推薦の「三朝ACスポーツ少年団」の受賞が決定され、3月23日に倉吉体育文化会館にて本部長より表彰状を授与しましたのでご紹介いたします。
<受賞団名:三朝ACスポーツ少年団>
〇主な功績:三朝ACスポーツ少年団は、子供たちに駅伝の持つ楽しさと魅力を伝えるとともに、大会を通じ交流の輪が広がっていくことを期待し、単位団の独自事業として「小学生交流三朝町クロスカントリーリレー」を平成14年から開催している。第1回大会は、20チーム100名の参加であったが、18回目となる令和元年度大会は県内の小学校やクラブチームから98チーム552名の参加があるなど年を追うごとに参加者が増え、活動の活性化が顕著となってきている。具体的には、クロスカントリーリレーの他に、小学生リレー・保育園児による600メートル競走・保護者リレー・20メートル競走「ダッシュ王」を企画し、幅広い年齢層の交流を行っている。また、大会の中では、豚汁の振舞や温泉入浴券の配布、お楽しみ抽選会などを実施し、三朝町の地域の魅力に触れ三朝町に来てもらえる仕掛けづくりも行っている。
 このように、三朝町ACスポーツ少年団は、地域の発展と青少年の健全育成に大いに貢献しており、スポーツ少年団の理念に合致することから受賞が決定した。

 
       (表彰状授与)        (左:松本本部長 右:代表指導者・造酒幸雄氏)

関連記事